クリーニング方法について

プロが行うクリーニングには3つの方法があります。まずドライクリーニングです。ドライクリーニングは、石油系溶剤と塩素系溶剤の2種類あります。これらの溶剤と界面活性剤を使って、衣類の汚れを落とします。

水を全く使用しないので、色落ちや型崩れを防ぎます。石油系溶剤は、洗浄力が比較的マイルドで、デリケートな衣類の洗浄に適しています。しかし汚れ落ちが多少劣ります。背広やズボンなどの洗浄は、油性汚れに強い塩素系溶剤を使います。

油性の汚れはきれいに落ちますが、汗や食べこぼしといった水性の汚れは落ちにくいです。そのため、水性の汚れは特殊前処理剤を用います。この工程を経ても汚れが落ちないと、シミと判断されます。次にランドリーです。

50℃~70℃の高温の水と洗剤、洗浄力を高めるアルカリ剤や漂白剤を使います。カッターシャツや白衣、作業服のクリーニングに適しています。ランドリーは型崩れをするので、最後に糊付けをして高温プレスを形を整えます。よって高温プレスができないデリケートな衣類や生成りのシャツ、色落ちがしやすい衣類は対象外です。

化学処理で汚れを落としますが、油性の汚れは落ちにくいです。そしてウェットクリーニングです。洗濯表示がドライ洗い可、水洗い不可の場合に用います。ドライでは落としきれない汚れを中心に、型崩れを起こさないように特殊な洗剤を使って洗浄します。

シルクやウールなどドライマークの衣類を対象に行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です