洋服の黄ばみにもクリーニング

服は、着れば皮脂が付きますし、汗も染みてきます。これらはすぐに手入れして、完全に除去すればよいのですが、家庭の洗濯では不十分であったり、また酸化しますので手入れが遅れれば黄ばみになって取れにくいものに変化してしまいます。黄ばみを諦めてしまう人も多いものですが、クリーニングであれば、その黄ばみをリセットすることができるかもしれません。様々な状況がありますので、100%落ちるとは言えません。

それでも黄ばみのリセットをクリーニングに依頼した時の成功率は、50%から90%とかなり高くなっています。放置している期間が長ければ長いほど、成功率は低くなります。出来るだけ早く、黄ばみやシミ抜きに特化しているクリーニング店に相談してみるのが良いでしょう。多くのクリーニング店は、「落ちないこともある」ということをきちんと説明してくれます。

成功報酬という形で、料金を設定しているところもあります。明らかに落ちにくい、落ちないと判断されるものについては、成功報酬型の店舗は「受けない」ということになるかもしれません。それでもチャレンジしてほしいという時には、店舗と話し合うか、もしくは成功報酬型ではない店舗に依頼してみるかになります。理想としては、やはりそうなる前にマメに手入れを行っておくということになるでしょう。

特に夏は身体からの分泌物も多い季節です。その時の見た目で「汚れていない」と感じても、汚れは確実に付着しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です