スーツのクリーニングの出し方と保管

スーツは汚れが目立たないのが理想的です。スーツは1シーズンに1回の頻度でクリーニングに出します。頻度が多すぎても、スーツが傷む原因になるので注意します。スーツをクリーニングに出すときは、いくつかのポイントがあります。

まず、汚れや気になる部分を事前に伝えることです。特に梅雨時期は、スーツの裾が汚れます。また夏場には、たくさんの汗をかいて首やわきの汚れが目立ちます。ただスーツを出すだけでは、それらの汚れに気づいてもらえない恐れがあります。

確実に汚れを落とすためには、業者に汚れを把握してもらう必要があります。次に、クリーニングに出している間のスーツを確保しておくことです。就活中のリクルートスーツは、何着も持っている人が少ないです。すぐに完了するわけではないので、スーツを着る予定が差し迫っているのならばタイミングをずらします。

業者に仕上がりの時期を聞くことも忘れないようにします。さらに、スーツはクリーニングに出した後、保管方法に気を付けます。ハンガーのかけて押し入れに保管していると、スーツに良い影響を与えません。まずスーツを受け取ったら、ビニールのカバーを取ります。

カバーを外さないと、湿気が溜まる可能性があるためです。ハンガーはスーツのラインに合ったものを選ぶことで、型崩れを防ぎます。クリーニング直後のきれいな状態を維持するためには、着た後は毎回ブラッシングしたりアイロンをかけたりメンテナンスを行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です