百年以上も前にモンテッソーリという女性が確立した感覚教育法は、指先を積極的に使う学習をすることで、子どもの知的水準を引き上げるというものです。成長に必要な環境を発達段階に合わせて用意することで、子ども達が自ら成長していく力を引き出すことができます。この教育法の正しさは、他の学問の観点からも立証されています。おもちゃのサブスクでは、幼児期の早期教育に指先を使うおもちゃに特に重きをおいています。

指先の操作に合わせて動きが生じる因果関係を理解できる玩具などです。このシステムで、感覚教育法に則った教育環境の整備をすることができます。普通のご家庭では、子どものおもちゃを大切だと感じず、目に付いたものや子どもの好みで買い与えている場合が多いと言えます。これでは、次々と玩具を使い捨てのように購入し、費用と保管場所を費やしてしまうばかりです。

プランナーがいて、保護者の願いや子どもの様子を把握し、成長に合った玩具を提供できれば、子ども本来の成長を大いに期待することができます。サブスクのしくみでは、このプランナーによる情報交換を大切にしています。月2000円程度の契約で、次々に感覚を学ぶおもちゃが自宅に届き活用できるとすれば、このサブスクというしくみはとても合理的です。感染症予防や破損等の保証についてもしっかりとケアされた契約ができます。

感染症蔓延の中、自然と触れ合うことがままならない子ども達に最高の環境を準備できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です